愛する人に幸運のスズランを贈る日

5月1日は、スズランの花を売る移動式花屋さんが街中で目に付くはず。フランスやベルギーでは、この日、男性たちがフランス語でミュゲ Muguet と呼ばれる白いスズランの花を愛する女性に贈る習慣があります。

この日、男性からスズランの花をもらった女性は、その一年幸せに過ごせるという言い伝えがあります。

起源はルネサンス時代。1561年の5月1日にフランス国王のシャルル9世が「幸運をもたらすもの」としてスズランの花を宮廷の女性に贈ったことから、この習慣が誕生したと言われています。

ミチルのベルギー人の同僚たちは、みんなベテラン愛妻家。「5月1日に奥さんにスズランの花を買ってあげるの?」と聞くと、「もちろん!」と声を揃えました。 「忘れたら、怒られるから?」とからかうと、「違うよ、奥さんが幸せになれる、イコール僕も幸せになれるってことだからね」と真面目な顔で答えます。ミチルも今年はスズランの花、素敵な男性からもらえるかしら?