ベルギー建国の歴史

ベルギーが建国したのは1831年。その前年からはじまった独立運動が結実して、立憲王政国家として誕生した。毎年7月21日の「建国記念日」は、初代国王レオポルドが憲法に忠誠を誓うと議会で宣誓した日であり、ベルギー王国が正式に発足したことを記念している。