カタルーニャ前州首相がブリュッセル来訪

住民投票による独立を宣言し解任されたカタルーニャ州の前州首相カルラス・プッチダモン氏(54)がブリュッセルに来訪。政治亡命の申請をするかと憶測が飛び交ったが、お昼の記者会見で「ベルギーに亡命するつもりはない。ブリュッセルが欧州の首都であり、自由かつ安全に活動するために来た」と述べた。