ハルの森「ブルーベル」Blue Bells in Halle

毎年、春の到来と同時にハルの森にはあたり一面、蒼い絨毯が広がります。3月末くらいから開花情報に注意してください。

例年は4月下旬から5月上旬です。2018年は4月20日あたりから見頃に。

開花情報リンクhttp://www.hallerbos.be/en/ (英語)

2018年の様子(4月20日時点)

現在、ブルーベルは満開です。楽しめるのは5月中旬まで。

この青紫色の可憐は花は、ブルーベル(Blue Bell)や野生ヒヤシンス(蘭:Wilde Hyacint)または森のヒヤシンス(蘭:Boshyacint)の名前で呼ばれています。周囲のブナ林は、地上に光が届くように地元自治体によって丁寧に手入れされています。しかし、花自体は野生です。人為的に植えているわけではありません。ブナの木に葉がついてくると、地上に光が届かなくなります。光があたる場所でないとブルーベルは咲き続けることができません。冬から春に移り行くほんのひと時をブルーベルは可憐に生きるのです。

アクセス

ハルの森はブリュッセルからは車で30分ほど。E19号線をモンス方面に南下して、20番か21番の出口を出ます。

(地図・2018年ヴァージョンPDF・印刷可)

https://www.hallerbos.be/downloads/hallerbos_tijdelijke_wandelkaart_2018.pdf

トイレがまったくないのと、飲み物・軽食の売店がないのが問題ですが・・・

お弁当を用意してくと、ベンチやテーブルがあるのでピクニックを楽しむことができます。マウンテンバイクでサイクリングも楽しい場所です。

森の生態系は非常にデリケートなものです。花の中で記念撮影しようと道をはずれて森に入ってはいけません。またドローンでの撮影も禁止されています。美しい森が長く健康でいられるように、マナーを守って楽しみましょう。

写真:2014年4月13日訪問時(2014年は早めの開花でした)

2015年4月29日(満開)