サン・ミッシェル大聖堂

大聖堂サン·ミッシェルは1962年に大聖堂の地位を与えられた、ブラバントのゴシック建築の印象的な大聖堂です。

この敷地上には11世紀以来、常に教会はありましたが、1225年からゴシック様式の大聖堂の建設が始まりました。
大聖堂はHenry一世の下に委託し、Brabant公によって監督されました。それから建設は300年も続き、最終的にはCharles五世の下で、16世紀の初めに2つの塔を追加して完成しました。
大聖堂は、地元の採石場から持ってきた砂質石灰岩で作られています。
インテリアは、1579年から80年のプロテスタント略奪、1783年のフランス革命に関連した鉄盗難によって多くのものを失いました。
1990年代に復元、洗浄された大聖堂はその壮大な素晴らしさを明らかにし、私たちを魅了し続けています。