小便少女 ジャンネケ・ピス

小便少女ことジャンネケ・ピスは、グランプラスから飲食街(イロ・サクレ)を通った先の小さな路地奥にあります。

1985年に、地元でいくつかレストランを経営していたDenis-Adrien Debouvrieによって制作され、設置されました。ブリュッセル市民からはやや敬遠されている感もあるとか。元々は小便小僧のパロディーとして通行人を楽しませるという目的で作られた、もしくは男女平等のシンボルとして作られたなど、成立の経緯には諸説あります。水盤にコインを投げ入れる習慣があります。

 
大きな地図で見る