ベルギー王立美術館本 Royal Museum

『ベルギー王立美術館 古典美術館名作ガイド』がブリュッセルの王立美術館で販売されています。

執筆は森耕治さん。

王立美術館で日本語の公認ガイドとして勤務しているベルギー在住の美術史家です。

絵画に描かれた聖書の物語、ベルギーの歴史、中世の風習、作品に使われた絵の具の解説、、、かなり詳しく書かれているので、西洋美術全般について知識を深めたい読者には最適の一冊です。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン、ロベール・カンパン、ディルク・ボウツス、ハンス・メムリンク、ヒエロニムス・ボスなど、初期フランダース絵画の巨匠たちからはじまり、さらにブリューゲル親子、ルーベンス、ヨルダンス、ヴァン・ダイクなど絵画黄金期の錚々たる画家の名作が登場します。

美術館の書店で販売されています。このガイドブック片手に絵画鑑賞する来館者も多く、お気に入りの作品に隠された秘密のメッセージを読み解きながら絵画鑑賞ができます。