レースセンター Kantcentrum

ベルギーの伝統工芸の代表格ボビンレースは中世から脈々と受け継がれてきた技術と美意識の結晶です。このセンターは芸術的作品の紹介と地元ボランティアの制作実演が目の前で見ることができる場所です。

16世紀に誕生したレースは、王侯貴族の襟元や袖を飾る贅沢なファッションアイテムでした。息をのむほど精巧に編み上げられたレースは富の象徴であり、ブリュージュの重要な輸出商品でもありました。現在は機械化が進み、ベルギー国内で手作業でレース作品を作っている職人はほとんどいません。レースセンターでは本や道具、ブリュージュで作られた作品の販売も行っています。

レースセンターは、2014年に引越しをしています。以前は15世紀にジェノバ出身の商人アドルネス家が建てた修道院にありましたが、現在は1970年代にボビンレースの教育を行っていたアポストリン修道女学校の跡地を改修して使っています。新住所はBelstraat 16番地です。

ボビンレースの特別ワークショップを希望の方は、日本からでも1カ月ほど前ならば、事前の予約をして資格をもつ先生の教えを直接受けることができます。参加者のレベルやどのようなタイプの作品を作りたいかなど、具体的に指定してメールで連絡するとよいでしょう。参加人数や食事の有無などで金額は変わります。

【オープン】

毎日 9:30 - 17:00

デモンストレーション 14:00 - 17:00(日曜祭日除く)

【閉館日】

昇天祭 クリスマス12月25日 正月元旦

【入場料金】

大人5ユーロ 25歳以下、65歳以上4ユーロ 12歳以下無料

Balstraat 16,
8000 Brugge

センターのサイト

http://kantcentrum.eu/en/

観光局サイト

https://bezoekers.brugge.be/en/kantcentrum-lace-centre