スーパー田川2 ストッケル店

スーパー田川2号店が2015年10月、ストッケルに開店。広い店構えでイートイン・コーナーも提供。近隣に住む日本人に便利なのはもちろん、ウォリュウェ住民に日本の食文化を伝える拠点を目指します。

Stockel Square
Rue de l'Eglise 96A
1150 Woluwé-Saint-Pierre

天井からさがる暖簾、田川の漢字ロゴを見て、通りすぎるベルギー人は「シノワのお店かな?」とコソコソ話をしている。中国食品店と日本食材店の見分けがつかないのはしかたありません。しかし、感受性鋭い子供たちは、直感でここが日本の食材店で、他では手に入らないものが置かれていることをイチ早く見抜いています。学校帰りに友達と一緒にお菓子を買い食いしたり、カップヌードルで小腹を満たしたり、新しい店の楽しみ方を仲間内で広め合っているよう。

ウォリュウェ地区に数多く住む日本人家族にとっても、駅直結のストッケル・スクウェアという立地はとても便利。敷地内には一般のスーパー・マッチもあるので、他の買い物も一度に済んでしまいます。さらに田川では10ユーロ以上お買い上げのお客様には、1時間分(1.5ユーロ)の駐車券がサービスされます。清算レジでもらうのをお忘れなく。

隠れた場所にあるルイーズ通り近くの田川本店から一転、ストッケル店はどどーんと広い店内で、ベビーカーでも車椅子でもさっと入れる開放感。モダンな店内は壁の黒と床の白、自然の木目という色味を絞ったカラーコーディネート。主役となる商品にあたるライティングもこだわりあり。

インテリアを手がけたのは、ブリュッセル在住の建築家2人のチーム。MOOD ARCHITECTUREの三木龍郎さんと、UNIDのセバスチャン・ポシェさん。全体にシンプルで清潔感のある印象。過去の作品例を見れば、繊細なタッチで光と空間を調整した結果生まれた作品と言えます。三木さん(LINK:レストラン清野)ポシェさん(LINK:ポルトガル菓子専門店フォルカド

今までにないタイプのお店の様子にひかれて、ふらりと入店するお客も多く、また近くの自然食品店のついでに来店する健康食品マニアのお客もいるといいます。ストッケルの住民が「日本食」の魅力に目覚めるときが、遠からずやってきそうです。(取材16.nov.2015)

スーパー田川2 ストッケル店
Stockel Square
Rue de l'Eglise 96A
1150 Woluwé-Saint-Pierre
+32 2 648 59 11

オープン:月曜から土曜 10:00 - 19:00
サイト

video by KENZOOOMEDIA