コルネ・ポート・ロイヤル Corné Port Royal

モーリス・コルネが1932年に始めた「コルネ」は、当時の有名人たちの間ですぐに評判になり、そのあまりの成功をまねようと彼の兄弟たちが、競って同じ名前でショコラティエを始めてしまいました。

そのため、彼らとの違いを示すために、「コルネ・ポート・ロイヤル」と名前を変えて生まれました。現在でも、コルネと似た名前のブランドがあるのは、そのためです。

現在でも、最高品質のカカオと原材料を仕入れ、甘みのある口当たりの柔らかい、日本人向けのチョコレートは、特に女性たちの間で評判です。

たくさんある店の中でも、ブリュッセルのギャラリーサンチュベール街にある店内は、アールヌーボーの美しく洗練された店内のインテリアと居心地のよい雰囲気を醸し出し、コルネ「コルネ・ポート・ロイヤルの精神を映し出していると言えるでしょう。