ルクス・レストラン Restaurant Lux

港街アントワープには、観光客で溢れる旧市街と近年スヘルデ川に沿って南北に開拓された地域がある。南地区はアンティーク、デザイナーズショップ、カフェなどが多く、北のシンボルマークの複合美術館MAS近くには、レストランやバーが多くありアントワープっ子のお気に入りの場所である。(文・宮崎真紀/ボナペティ)

Restaurant Lux
Adriaan Brouwerstraat 13, 2000 Antwerpen
+32 3 233 30 30
サイト
定休:土曜昼、日曜日

ルクス・スレストランは複合美術館MASを目の前にする洒落たレストランだ。客席と客席のスペースが広く取られているので商談に最適であり、家族連れでも他人を気にすることなく食事が取れる。また当店には、普通のレストランには置かれていないシャンパンの帝王「クリュッグ Krug」があり、グラスでも注文できるのがうれしい。

狭き門であるベルギー料理長連合会(l’Association des Maîtres Cuisiniers de Belgique)メンバー、バート・ザマン(Bert Zaman)が作る料理は、クラシック料理を現代風にアレンジした目にも舌にも満足がいくものだ。ア・ラ・カルトとメニュー、ランチ(2サービス+コーヒー29€)もある。2階ではバンケットも出来る。

レストランの隣りには同店経営のバー(Bar Festiv)があり、船の底ともくじらの骨とも思える天井は一見に値する。毎日11時から開いているバーでは軽いランチも食べられ、木、金、土曜の夜はDJ の音楽で盛り上がる。尚、両店は同じ建物だが、入り口が違うので通りの名前が違うのでご注意を。マルクト広場から徒歩で約10分。バスではアントワープ駅から17番のバスで終点MASまで約15分。(文・宮崎真紀/ボナペティ)

Restaurant Lux
Adriaan Brouwerstraat 13, 2000 Antwerpen
+32 3 233 30 30
サイト
定休:土曜昼、日曜日

Bar Festiv
Sint-Aldegondiskaai 20, 2000 Antwerpen
+32 3 225 00 50
サイト

* ボナペティオンラインは月一回の更新です。青い鳥では毎回抜粋してお届けします。なお、ボナペティの発行するメルマガに登録すると更新ごとのお知らせがあり便利です。

ボナペティは、以下の充実した内容をお届け中です。
「星を呼ぶシェフ アラン・ビアンシャン」「ゴッホ展~ 2015年 欧州文化首都 モンス ~」「サント・カトリーヌ広場にゴッホ記念碑建つ」「NYでスポーツ観戦?」「ハチミツと花粉だんご」「澄ましバター le beurre des Chefs Carlsbourg」など。