ラ・トリュフ・ノワール La Truffe Noire

トリュフを使った料理が味わえる高級店。

Boulevard de la Cambre 12
1000 Bruxelles
+32 (0)2 640 44 22
サイト

94番と7番のトラムが停車するCambre-Etoile停留所の目の前。内装は紫色で統一され、アールデコ後期の雰囲気が漂う。お料理は黒トリュフを散らしたものがほとんど。基本的にクラッシックなイタリアン・フレンチが多い。

ラ・トリュフ・ノワールは、黒いシックな外観の店構えが、ずっと気になっていたレストランである。訪れたのは生憎の雨の日だったが、まずイケメンのドアマンが素敵な笑顔で親切に対応してくれた。この店でもっとも印象的だったのは、すべてにおいて心のこもった優しく温かい対応だった。一流レストランにありがちな、つんと気取った感じは皆無で、初めての顧客にも大変感じがよく、フレンドリーでアットホーム。テーブルの配置も十分ゆったりしていて、とてもリラックスできる素晴らしいソワレを過ごすことができた。

イタリア人のオーナーシェフ、ルイジ・チチリエロさんは、大の日本好き。簡単な日本語も少しできて、日本人だと分かると「日本人は特別なお友達」と言って、黒トリュフを普通より多くサービスしてくれた。とても素敵な白髪のムッシューである。

ミチルのお勧めは、前菜の牛肉カルパッチョ。お肉はベルギー産で脂肪身の少ないBleue de Prés。お客のテーブル脇で黒トリュフのスライスと最後のドレッシングのパフォーマンスが楽しめる。本格パルミジャーノチーズと黒トリュフがたっぷりと載ったお料理は絶品。ご予算はディナーで前菜メインデザートで、おひとり100ユーロから150ユーロ。高級コースやヴィンテージ・ワインを選ぶと、もっとしますけど。

落ち着いたレストランの丁寧なサービスを楽しみたい日や、大切なビジネスのお客様をバッチリおもてなししたいシーンで、このお店は貴重です。

Boulevard de la Cambre 12
1000 Bruxelles
+32 (0)2 640 44 22
サイト

22.feb.2017