元・ハンガリー法務大臣ナブラチッチ氏が欧州委員会の文化委員ポストから外される

ハンガリーのナブラチッチ・ティボル Tibor Navracsics 氏が、欧州委員会の文化コミッショナーに就任する人事を否決され、他のポストにあてられることになった。

ユンケル新委員会は、9月に27人のコミッショナー候補とそのポストを発表したが、そのうちの何人かは問題発言や能力の欠如を理由にコミッショナー就任に反対する動きが出ている。

ハンガリーから送り込まれたティボル氏もその一人で、彼が2010年に法務大臣に就任した後、圧倒的勝利の選挙で得られた議席をもって憲法を改正し、メディア規制を強化し、ロマ民族に対する治安対策として刑法を改正するなど、欧州委員会も眉をひそめる政策を数々実施してきた。

現在行われている欧州議会のヒアリングでもマイナス・イメージを払拭できなかった。結果として14対12で反対が多数となり、ユンケルの人事案は見送られた。6.sep.2014

 

【プロフィール】ナブラチッチ氏は1966年生まれの現在48歳。2010年から4年間、行政・司法大臣、それ以前に外務・貿易大臣を数ヶ月務めた経験を持つ。母国ではフィデス=ハンガリー市民同盟 Fidesz-Magyar Polgári Szövetség というキリスト教中道右派政権に属する。

在ハンガリー日本国大使館(2.内政(カ)政権交代 以下を参照)

http://www.hu.emb-japan.go.jp/jpn/nikokukan/gaikyo.htm

Photo:© European Union, 2014