松本清張『アムステルダム運河殺人事件』のモデルとなった実際の事件

実際の事件について

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-777.htmlより引用

亀田豊さん(当時33歳、男)オランダ S40年(1965)9月

1965年(昭和40年)9月2日夜、警視庁に国際刑事警察から8月25日にオランダのアムステルダムの運河でジェラルミン製のトランクから発見された首なし死体が日本人ではないかとの照会の電話が入った。

8月21日昼に本社にテレックスを入れてから現地で失踪した大阪市の貿易商、西沢企業ブリュッセル駐在員の亀田豊さん(33)だと断定された。殺害時間は21日夕方。

亀田さんはアパートの管理人にアムステルダムに行くと言っていたが、アムステルダムには取引先の商社はなかったことが後の調べでわかった。

死因

2年間の滞在予定で日本に妻子を残しての赴任だった。

死体は注射されて外科手術用の鋸で首と手足を切られたらしく、毒殺されてからバラバラにされたと思われた。当初は8月20日にロッテルダムで人に会うとして失踪していた来日経験のあるギリシャ人が疑われたが、関係ないことが判明。

オランダでは滅多にバラバラ殺人がないことから、現地警察は犯人も日本人という予断で捜査を進めたが、これが結局、この事件を迷宮入りとしてしまう原因となった。 

疑われた日本人

ベルギー警察は大名物産ブリュッセル駐在員の日本人男性(26)を事件の参考人の1人としたが、この商社員は1965年9月4日午後2時30分にアンベルスへ向かう途中、スハールベークで車を120キロで運転して追い抜きに失敗してトンネルの柱に激突して死亡してしまったのだが、死人に口なしでベルギー警察はこの商社員をあたかも犯人であったかのように発表しているが、亀田とは過去に一緒にベルギーで温泉旅行をした事があるという理由だけで犯人に結び付けようとしており、結局この事件は迷宮入りとなっしまった。

(引用リンク)

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-777.html