2025年のベルギー脱原発は非現実的?

ベルギーは国内に原子力発電所を2箇所持つ。新ミシェル内閣形成にあたって「2025年には原発を廃止する」という連立合意がなされたはずだが、MR党および同党に所属する新内閣のエネルギー担当相のマリー=クリスティーヌ・マルゲム Marie-Christine Marghem は、そのスケジュールの実行可能性に懐疑的である。

シャルリー・エブド紙への武装攻撃についてユンカー委員長が声明

フランスのリベラル風刺紙シャルリー・エブド紙 Charlie Hebdo 事務所にイスラム教過激派とみられる武装した男2人が侵入し、警官2名を含む12人が死亡した事件について、欧州委員会のジャン=クロード・ユンカー委員長がコメントを発表した。