検索
検索範囲:
合計: 結果が51件見つかりました。
1 / 2 ページ

青い鳥ポッドキャスト Aoitori Podcast

作成日 2018年1月05日. Posted in ポッドキャスト

「ベルギー」をテーマにした日本語情報発信番組、「ベルギー青い鳥」。このポッドキャストは、ベルギーの首都ブリュッセルを拠点に活動するパーソナリティーたちが、旬のイベントや最新ニュース、オススメ観光スポットや、ディープな地元情報などなど、リアルなベルギーの今をご紹介する番組です。 ブリュッセルにあるスタジオでの録音に加え、ベルギーおよび欧州で活躍するゲスト出演者のインタビュー取材も敢行します! ...

Hard to Love カルヴィン・ハリス ft.ジェシー・レイエズ

作成日 2017年10月13日. Posted in コラム

スコットランド出身DJのカルヴィン・ハリスの新作は、歌手にジェシー・レイエズを迎え、ブリュッセルで撮影。人もまばらな真夜中のブリュッセル、風情がありますね。 パリとアムステルダムも出てきますが、大部分はブリュッセル。グランプラスにギャラリー・サンチュベール、フランダース観光局のあたりの通りと、ホテル・アミーゴの通り。こうして音楽と一緒にふらり夜の散歩をすると、なかなか綺麗じゃないですか。 ...

ブルゴンデッシュ Bourgondish

作成日 2017年9月27日. Posted in ブリュッセル

2017年秋、ブリュッセルのグランプラス37番地に新店カフェがOPEN。ブルゴンデッシュは、ベルギーでは「グルメな人」の形容詞。 オランダやベルギー(ブリュージュ)のチーズをふんだんに使ったサンドウィッチを、テラスか上の階でカジュアルにいただける。観光の途中で軽くランチしたい方にはオススメです。 ワイン、ビールも徐々に充実させていくようなので、これからの展開も楽しみ。 Bourgondish ...

アンの洞窟サファリパーク The Wildlife Park Domaine des Grottes de Han

作成日 2017年9月20日. Posted in キッズお出かけ

ミュシュラン観光ガイドの3つ星を獲得している鍾乳洞「アンの洞窟」(Grottes De Han)。今回は併設のサファリパークをご紹介! ブリュッセルから東南に約1時間20分の所にHan-sue-Lessという町があります。決して大きくはない町ですが250年の歴史を持ち、長い鍾乳洞が観光名所になっています。 鍾乳洞 鍾乳洞の入り口までは、チケット売り場からトラムに乗って約10分で到着。洞窟内は2キロの道のりを歩いて見て周るので、約1時間45分のウォーキングです。ベビーカーは持って入れないので、赤ちゃんや小さいお子さんがいる場合は必ず抱っこ紐を持って行きましょう。お手洗いが洞窟内にはないので、トラムに乗る前にトイレに行っておくのもお忘れなく。 ...

ブリュージュの駐車場

作成日 2017年8月04日. Posted in 旅の基本

...  市内有料駐車場 Parking Biekorf(€ 8,70/8h〜) Naaldenstraat 8 , 8000 Brugge マルクト広場近く。観光に便利。 Parking Pandreitje(€ 8,70/8h〜) Gevangenisstraat 2, 8000 Brugge 魚市場(Vismarkt)近く。観光に便利。 Parking Katelijne(€ 8,70/8h〜) ...

ベルギーのフリッツ

作成日 2017年7月23日. Posted in コラム

...  注文の仕方 観光などではじめてベルギーを訪れる方のために説明しておく。注文は非常に簡単。フリッツ屋さんではサイズとソースの種類を選ぶだけ。別に難しいことはまったくない。 ソースはマヨネーズが基本だが、それに抵抗があればケチャップもOK。どこでも常備している。または、日本では耳慣れないソースにチャレンジするのも楽しい。 サムライ・ソース フランス語の綴りでSamouraï。醤油味でもワサビ味でもない。ちょっぴりピリリとしたソース。マヨネーズをベースに、パプリカや唐辛子が少量入っている。日本とはまったく関係ないが、日本人なら一度は注文してみたい。 ...

『フランダースの犬』ネロとパトラッシュ

作成日 2017年7月23日. Posted in アントワープ

...  実は同じ場所に、2003年から日本企業がスポンサーしたモニュメントがあった。(写真上)こちらは大真面目でユーモアのかけらもない。実際のところ観光客の休憩ベンチに成り下がり、損傷も目立つようになったので撤去された。これが愉快な中国版モニュメントに取って代わられたのだ。中国の政治経済の興隆、日本の没落を目の当たりにするようで、やるせない。しかし、アイデア不足であった、国際市場に対するデザイン勝負に負けた、お金を出さなかった、アントワープ市に相談されなかった(されたとしても対策をとらなかった)と、敗因を分析するのも将来のためになるだろう。 ...

フィッシュ・ア・ゴーゴー Fish a'gogo

作成日 2017年7月21日. Posted in アントワープ

アントワープ観光でちょっと小腹が空いたなというときに便利で美味しい海鮮スナック料理店をご紹介。 場所はアントワープ観光のど真ん中。大聖堂と市庁舎の間の小道にある。小さくて気軽な店構えながら、大聖堂の威容をどどーんと眺めながら、カリッと揚がった海の幸をカジュアルにほおばれるという楽しさ。 特に、青い鳥のチルチルの大好物「タラの唐揚げ」ことkibling van kabeljauwが秀逸です。このキブリングというのは、オランダの路上でよく売られているのだが、ベルギーに入るとあまり見かけない。アントワープで出会うとは。 ...

MAS博物館 MAS Museum aan de Stroom

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

アントワープが接するスヘルデ川、北海につながる港湾など、海運の歴史をテーマにした博物館。かつてヘット・ステーン海洋博物館の展示物も受け継いでいる。アントワープの街を見下ろす絶景パノラマ・ビューポイントでもある。 アントワープ港の過去、現在、未来 中世フランダース地方の主要な貿易港はブリュージュであったが、15世紀以降、ズウィン湾に土砂が堆積し、大型船の運行が困難になってくる。 16世紀になると、アントワープが欧州の海運貿易の大拠点の地位をブリュージュから奪い未曾有の繁栄を誇るようになる。毛織物、香辛料、銀などが、国際的な貿易商の活躍で取引された。 ...

ミデルヘイム野外彫刻美術館 Middelheim Museum

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

アントワープ郊外にある野外彫刻の美術館。開放的な公園に巨匠ロダンをはじめ、ベルギー作家から国際的作家まで、215作品が野外に展示されている。天気のいい日にリラックスするには最適。 有名作家の作品ハイライト  住所 Middelheimlaan 61, 2020 Antwerpen  車の場合 Beukenlaanに無料駐車場あり(徒歩300M) アントワープ中央駅から公共交通機関 ...

ヘット・ステーン Het Steen

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

アントワープ最古の建造物。日本語で「ステーン城」と訳されることもあるが貴族の館であったことはなく、むしろ防御機能をもった「要塞」として使われてきた。長年、海洋博物館だったが、現在は街のイベントスペース。 石造りの要塞 9世紀、スヘルデ川沿いのDe Werf(造船所・木場の意味)という場所の近くに、土を盛って作られた要塞が起源である。 12世紀終わりから13世紀初頭にかけて、石造りの要塞がここに建設され、ヘット・ステーンは3つあった門塔のうちのひとつ。ちなみにヘット・ステーンは「石」の意味(蘭:Het ...

聖カルロス・ボロメウス教会 Sint Carolus Borromeuskerk

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

アントワープの中心部に位置するバロック様式の教会。ルーベンスが装飾に関わった豪華なファサードの中心には「IHS」とあるが、これはラテン語でIesus Hominum Salvator (救いの人イエス)の意味。コンサートが頻繁に開かれている。 ルーベンスが腕をふるったバロック様式の教会 美しいバロック様式の建物は、1615年から21年の6年間で建設された。設計は神父たち自身の設計によるものだが、本場イタリアのバロック建築を知るルーベンスも装飾に深く関わった。教会の正面ファサード、塔、主祭壇、天井ストゥッコ、聖母チャペル(Houtqppel)など。 ...

聖ヤコブ教会 Sint-Jacobskerk

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

巨匠画家ルーベンスが眠る教会。ルーベンス邸から歩いて5分の場所にある。ゴシック様式の荘厳な建物の中にはルーベンスとその同時代の画家の絵が飾られている。17、18世紀をそのまま伝える貴重な教会調度品もじっくり味わいたい。 保存状態のよいローマ・カトリック教会 起源は14世紀初頭にさかのぼる。聖ヤコブの遺骸を納めたスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ教会へ行く途中の巡礼立ち寄り所として、街の城壁の外に作られた簡素な小屋だった。 ...

聖パウルス教会 Sint Pauluskerk

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

街の中心部に近い。壮麗な建築と内部装飾。ルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスなどアントワープ出身画家の絵画に、200体以上彫刻作品がある。脇の庭に、キリストの受難ゴルゴタの丘行きをテーマにしたモニュメントがあり興味深い。 壮麗な教会 聖パウルス教会はもともとドミニコ会の修道院の一部であった。1571年に完成したが1679年に火事で燃え、新しく尖塔が加えられて再建された。基本はゴシック建築ながらバロックの要素が入ったファサードと尖塔、そして内部の白と黒の大理石が印象的である。 ...

肉屋のギルドハウス(楽器博物館) Museum Vleeshuis

作成日 2017年7月03日. Posted in アントワープ

楽器というと、肉屋に一番なさそうなものである。アントワープの肉屋のギルドハウスでは、600年前から近世に至るまでの、劇場や舞踏会さらには街角で使われてきた楽器の数々を「Sounds of the City」(地下の常設展示)で披露している。もちろん実際の音も聴くことができる。楽器を演奏する人は楽しめる見学スポット。 16世紀の面影を残すギルドハウス この場所にある肉屋ギルドの歴史は古い。1250年にブラバント公により建て替えが依頼され、市の予算で建物が作られた。おそらく屠殺場として機能し、食肉産業の管理も行われたと考えられている。16世紀初頭に、ブラバント公は2倍の大きさに建て替えする許可を出す。このときは肉屋ギルドが全額負担し、肉屋およびギルドホールとして使われることになる。地上階の奥には「ギルド・チャペル」まで設置された。現代の私たちが目にしている建物は、この16世紀初頭の面影をしっかり残したものである。 ...

ルーベンスの家 Rubenshuis

作成日 2017年7月02日. Posted in アントワープ

この豪華な邸宅は、画家ルーベンスが生活した家であり、優秀な弟子たちと一緒に工房を築きながら数多くの傑作を生み出したアトリエでもある。1640年に死去するまで、ルーベンスは家族や友人に囲まれ、顧客である貴族や富豪、知識人らを招き、この家で充実した人生を過ごした。 現在はルーベンス自身と同時代の画家の名作を収めた美術館として、アントワープ観光の人気スポットとなっている。 画家の邸宅 宮廷画家として雇用を確保し、アントワープの有力者の娘イザベル・ブラントと結婚した翌年、1610年に若きルーベンスは自邸のための家と土地を購入する。価格は8960ギルダーと自身の手による絵画作品1枚。 ...

アントワープ大聖堂 O. L. Vrouwekathedraal Antwerpen

作成日 2017年6月30日. Posted in アントワープ

...  紆余曲折を経て、現在の姿になった大聖堂だが、基本はブラバント・ゴシック建築。1585年からアントワープがスペインの支配下にあった際にはバロック様式の調度品が取り入れられ、18世紀末から19世紀初めにはネオゴシック様式の内装が多く取り入れられた。近代に入ってからは年間150万ユーロ(1億円弱)ほどメンテナンスに予算をかけて美しい大聖堂を維持している。毎年32万人の観光客が訪れるが、入場料は主に維持費にあてられる。 ...

ブリュッセル中央駅、爆破テロ未遂事件

作成日 2017年6月21日. Posted in ベルギー

2017年6月20日(火曜)21時前にブリュッセルの中央駅で騒動が発生した。爆発音と銃声が聞こえて、駅および周辺の観光地(グランプラス)は緊急避難の措置が講じられた。 犯人は単独で行動しており、すぐに身元が判明した。テロ事件ではないが犯罪歴(ドラッグの販売と一部報道)があり、警察に情報が残っていた。 1981年1月12日生まれのモロッコ国籍の男性でモーレンベーク在住。名前はOussama ...

ブイヨン城 Le Château-Fort de Bouillon

作成日 2017年5月28日. Posted in ワロン地方

...  また、この町では、夏のバカンスシーズン、7月と8月には、中世祭りや、伝統工芸職人マルシェ、夜のライトアップなど、様々な催事が企画されている。 ブリュッセルからちょっと日帰りで1日の小旅行。どこに行こうか迷っているなら、お天気の良い日は、青い鳥のミチルおすすめの観光スポットである。 ブイヨン城 住所:Esplanade Godefroid 1, 6830 Bouillon 開城時期:1月を除くオールシーズン(ウェブサイト要確認) ...

キャンペーン開始「ブリュッセルに連れて行って Take me to Brussels」

作成日 2017年5月02日. Posted in ベルギー

「Where Will Brussels Take you?」と題されたブリュッセルのイメージアップ・キャンペーンが開始された。ウェブサイト www.takemeto.brussels では、ありきたりの観光スポット以外の、インスピレーションをあたえてくれる旬の場所やお店を紹介。ベルギーの隣国をターゲットに人気キャラクター、スマーフを使った街頭キャンペーンも実施中。 今回のキャンペーンはブリュッセル首都圏政府が4億円を投じて、テロ事件以来減少してしまった観光客を呼び戻すことを目的にしている。フランス、オランダ、ドイツ、それにイギリス、イタリアなど近くの国が主なターゲットで、Inspiration、Personalisation、Auto-Discoveryをキーワードに、個人旅行客が自分らしくブリュッセルを楽しむことにフォーカスしている。(下:イメージビデオ) ...

ボルドー2017

作成日 2017年4月19日. Posted in 旅の日記

...  こうして、イースター休暇の時期にあわせてワインの聖地を冒険してきたのだが、青い鳥ファン読者のなかにも、ワイナリー巡りにご興味がある向きもあると思うので、ご参考までに「旅のしおり」と想い出を記しておく。最初に、これは特に高級シャトーだけでもないし、特に観光客向けに作られたツアーのような旅でないことは、ことわっておかねばならない。特に前半は結構フリーハンドな思いつきが多い、、、。   ●初日(ボルドー市・リボルヌ村)2017年4月6日(木曜) ...

ヴィレールス修道院・美しい廃墟に出会う小旅行 Abbaye de Villers

作成日 2016年8月19日. Posted in ワロン地方

...  遺跡となったのは、フランス革命の余波を受けてのことである。18世紀末にヴィレ修道院は強奪され、建材業者に売却され、立派な建物はまもなく解体されてしまう。 すっかり荒れ果ててしまったが、19世紀の文人たちはこれを「ロマンチック」とし、遺跡の景観に美を見出した。なかでも文豪ヴィクトル・ユーゴーは3度も訪問した。彼はここでスケッチをし、名作『レ・ミゼラブル』にも修道院への言及がある。 1972年に歴史遺産に指定されて以降は、修復管理が徹底され、年間10万人もの訪問者を魅了している。観光以外にも、地元コミュニティーのイベント会場として使われており、天気のいい日には家族でピクニックも楽しめる。 ...

アントワープ中央駅の光と影

作成日 2016年8月04日. Posted in アントワープ

アントワープ観光は、駅に降り立った瞬間に一つのクライマックスを迎える。「世界で最も美しい駅ランキング」の常連であるアントワープ中央駅の豪華絢爛な駅舎が旅人を華やかに歓迎してくれるからだ。 世界で最初に鉄道を敷設して蒸気機関車を走らせたのは産業革命に成功したイギリス(1825年)だが、ヨーロッパ大陸での「初」はフランスでもドイツでもなくベルギー(1835年)であることは、ベルギー人のささやかな自慢の一つである。 ...

ミチルのひとりごと「同性愛」

作成日 2016年6月09日. Posted in コラム

先日のゲイパレードの想い出。 少し肌寒いが晴れた土曜日、ブリュッセル特有の緩い感じでパレードがはじまった。テロ事件の影響だろう、例年よりは警戒態勢が少しシビアになっており、入り口を少し狭めたり、鞄をチェックするような人々を配置はしているが、まあパレードしている人々と、それを見る見物客との境に引いてあるPOLICEと書かれたテープもあまりに低くて、すぐに跨げるような有様。ノリノリの観光客がパレードに許可なく当日参加していても、まったくバレない。 ...

アンリ・プリヴァ=リヴモン「ベルギーのミュシャ」?

作成日 2016年4月11日. Posted in 絵画

... Josaphat)など街なかで見ることもできる。 ブリュッセルに観光で来てあまり時間がない方でも、街の中心部には「白の大きな家」Grande Maison de Blancという建物が残っているので、ぜひ足を運んでいただきたい。(住所:Rue du Marché aux Poulet 32-34, 1000 Bruxelles)KABUKIという鉄板焼レストランやカジノが入っている建物の上部に、リヴモンが原画を描き、Royal ...

「ブリュッセル」ジャック・ブレル

作成日 2016年3月13日. Posted in 音楽

... aire Elle était fonctionnaire Il pensait pas elle pensait rien Et on voudrait que je sois malin  ブレルの祖父母が生きたブリュッセルがどんな街だったのか、1910年に作られた「無声映画」をご紹介しましょう。シネマテークのアーカイブで発見された20世紀初頭の「観光ビデオ」。トトとそのお姉さんが名所を駆け巡ります。古きよきブリュッセルの音が聴こえ ...

チュニジアでイスラム過激派テロ発生。ベルギー人1名死亡。

作成日 2015年6月27日. Posted in ベルギー

6月26日(金曜)、フランス、チュニジア、クウェートの3箇所でテロ事件が発生した。チュニジアのリゾート地スースでは38人が死亡、39人が負傷した。死亡者にはベルギー南部ナミュール出身の女性が含まれる。 犯人はチュニジア人の学生で、Seifeddine Rezguiという名前と発表された。警察では犯罪歴など確認できなかったが、おそらくイスラム過激派に影響を受けての犯行であろうと推測されている。観光客でにぎわうホテル近くのビーチで数十発を発砲した。犯人はその場に駆けつけた治安部隊によって射殺された。被害者は主にイギリス、ドイツ、ベルギーなどの外国人バカンス客。現在、観光客はチュニジアからの退去が進んでおり、バカンスの予定もキャンセルが相次いでいる。 ...

グラン・プラス Grand Place Mons

作成日 2015年5月28日. Posted in モンス

グラン・プラスの市庁舎(Hôtel de Ville)が、モンス市の中心。観光案内所はその近くに位置しています。 15世紀に建てられたゴシック様式の市庁舎の正面入口左側には、鉄の彫刻「前哨の猿」があり、触ると幸せになるという言い伝えがあるそうです。 市庁舎を入ると、裏にはマイヨールの庭と呼ばれる、小さな庭園があります。(2015年5月訪問時には、ゴッホの「じゃがいもを食べる人々」をモチーフにした現代アーティストの作品が展示されていました)。 ...

【コラム】フランス製カツオ節は、発がん物質ゼロ?

作成日 2015年5月18日. Posted in コラム

...  さらに気になるのは欧州産カツオ節の一人歩き。技術を習得したコンカルノーの職人が独立してカツオ節を作るのではないだろうか? 劣化コピーが出回るのが不安。やれやれ文化の伝播にはつきものか。 枕崎水産加工業協同組合 コンカルノー観光局 コンカルノー市役所 漁業博物館  ...

ルクス・レストラン Restaurant Lux

作成日 2015年5月15日. Posted in アントワープ

港街アントワープには、観光客で溢れる旧市街と近年スヘルデ川に沿って南北に開拓された地域がある。南地区はアンティーク、デザイナーズショップ、カフェなどが多く、北のシンボルマークの複合美術館MAS近くには、レストランやバーが多くありアントワープっ子のお気に入りの場所である。(文・宮崎真紀/ボナペティ) Restaurant Lux Adriaan Brouwerstraat 13, 2000 Antwerpen ...

セルクラースの像 Everard t'Serclaes

作成日 2015年1月24日. Posted in ブリュッセル

グランプラスの一角、常に観光客でにぎわう謎のブロンズ像。触れると幸せになると言われるセルクラースは、どんな人物かご存知ですか? 時は14世紀。ベルギーという国はまだなく、封建制度の領主が支配するフランス語でフィーフ fief と呼ばれる小さな地方に分かれていました。 あるとき、フランドル伯ルイ2世(画像上)が、ブラバント公ヴェンツェル1世の留守に乗じてブリュッセルを突然攻撃し、グランプラスに彼の旗を立てます。ブリュッセルの住民は反撃したのですが、現在のアンダーレヒトのあたりで撃破され、ブリュッセルがフランドルの手に落ちました。 ...

ゲント美術館 Museum voor Schone Kunsten

作成日 2015年1月19日. Posted in ゲント

ゲントのシテーデル公園の一画に建つこの美術館では、中世末期から近代までのベルギー美術の名品を堪能することが出来ます。 ギリシア神殿を彷彿とさせる堂々とした門構えは、まさに美の宮殿と形容するにふさわしく、ヒエロニムス・ボッシュの《十字架を担うキリスト》をはじめ、アントニー・ヴァン・ダイク、フェルナン・クノップフ、ジェームズ・アンソールの傑作も所蔵されています。 また、初めて美術館を訪れた方は、日本を代表する洋画家・児島虎次郎の《自画像》が展示されていることに驚くかもしれません。彼は1909年から3年間、ゲント美術アカデミーで学んだのです。 ...

ヴェルヴィエールで攻撃準備中のテロリスト二人が射殺される

作成日 2015年1月16日. Posted in ベルギー

...  ヴェルヴィエールはリエージュの東、スパにもほど近い小さな街でフランス語圏。人口5万6600人ほど。スパと同じくヨーロッパではめずらしく軟水の取れる場所としても知られる。12世紀から20世紀まで毛糸産業で知られたが、現在は特に際立った産業はなく、自然と歴史をいかした観光業と、オランダ、ドイツとの国境に近いこともあって物流の一拠点として使われるだけの静かな街である。(ベルビエと表記するメディアもある) ...

エルサレム教会 Jeruzalemkapel

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

...  【オープン時間】 月曜から土曜 10:00 - 17:00 【クローズ】 日曜日 クリスマス12月25日 正月元旦 【拝観料】 大人7ユーロ 26歳以下5ユーロ 7歳以下および障害者3.5ユーロ 65歳以上2ユーロ Peperstraat 1, 8000 Brugge  教会サイト http://adornes.org/ 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/jeruzalemkapel-brugge-jerusalem-chapel ...

レースセンター Kantcentrum

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

...  観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/kantcentrum-lace-centre  ...

ベギン会修道院 Begijnhof Ten Wijngaerde

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

修道女たちが静かな祈りと生活をしていた跡が残るベギン会修道院は、世界遺産にも指定されています。可愛らしい建物に囲まれた中庭の独特の雰囲気を味わってください。 1998年、ユネスコの世界遺産リストにフランダース地方にある13のベギン会修道院跡が登録されました。 ベギン会は12世紀末にリエージュで生まれ、13世紀初頭に特にフランダース地方を中心に発展します。未婚もしくは夫に先立たれた女性がコミュニティーを形成して、宗教的で静かな生活を送ることを目的にした修道会でした。 ...

救世主大聖堂 Sint-Salvators kathedraal

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

...  教会サイト http://www.sintsalvator.be/ 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/sint-salvatorskathedraal-saint-saviours-cathedral  ...

メムリンク美術館(聖ヨハネ施療院)Sint-Janshospitaal

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

...    【オープン】 火曜から日曜日まで 9:30 - 17:00 【休館日】 月曜日 昇天祭2015年5月14日 クリスマス12月25日 正月元旦  Mariastraat 38, 8000 Brugge 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/sint-janshospitaal-saint-johns-hospital 水曜日広場にあるメムリンクの像 ...

聖母教会 Onze Lieve Vrouwekerk

作成日 2014年12月31日. Posted in ブリュージュ

...  【入場料】 大人6ユーロ 26歳以下65歳以上 5ユーロ 12歳以下無料(改修中は割り引き料金適用) Mariastraat, 8000 Brugge 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/onze-lieve-vrouwekerk-church-of-our-lady 教会サイト http://www.onthaalkerk-brugge.be/index.asp?taal=uk ...

グルートゥーズ博物館 Gruuthusemuseum

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

...  di Pietà」に寄贈したという歴史があります。 この博物館を訪れる方は、ブリュージュの裕福な貴族がどのような生活をしていたのか、かいま見ることができます。特に注目したいのは「名誉の間 Erezaal」。由緒あるタペストリーと豪華に飾り付けられた暖炉、天井の梁の装飾が見事です。   【2018年まで改装中】 Dijver 17, 8000 Brugge 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/gruuthusemuseu ...

アーレンツハイス Arentshuis

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

...  最上階では、モダンな世界をテーマにした写実的な絵画と、ステンドグラスや家具、ポスターなど多様なジャンルで多数の作品が展示されています。   【オープン】 火曜から日曜まで 9:30 - 17:00 休館:月曜、2015年4月14日、クリスマス12月25日、正月元旦 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/arentshuis  ...

ブリュージュ市庁舎 Stadhuis van Brugge

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

...  ちなみに、ルイ・ドゥラソンスリーは、ネオ・バロック様式のアントワープ中央駅の巨大なドームの設計を手がけたことで有名な建築家です。   【オープン】 9:30 - 17:00 (毎日) 休み:昇天祭、クリスマス12月25日、正月元旦 【入場料】 大人4ユーロ 26歳以下および65歳以上3ユーロ 12歳以下無料   Brug 12, 8000 Brugge 観光局サイト ...

聖血礼拝堂 Heilig Bloedbasiliek

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

ブルフ広場にある聖血礼拝堂は、12世紀にフランダース伯爵家のチャペルとして建てられたもので、十字軍に参加したティエリー・ダルザス Thierry d'Alsace(蘭:Diederik van de Elzas)が、東方からキリストの聖なる血を持ち帰ったことに由来する教会。 Photo: Ad Meskens ティエリーは二回目となる十字軍遠征の際、聖地でキリストの血を聖遺物として手にします。ティエリーの2番目の妻は、エルサレム王であったボードワン3世(アンジュー伯)の姉シビーユであり、その縁があり義理の弟から聖なる血を受け取ったと口承伝説にあります。(上掲写真はティエリーとシビーユ) ...

鐘楼 Belfort van Brugge

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

...    Markt 7, 8000 Brugge +32 50 44 87 43 観光局サイト https://bezoekers.brugge.be/en/belfort-belfry  ...

西フランダース州庁舎 Provinciaal Hof

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

ブリュージュのマルクト広場でひときわ立派な建物はフランダース州庁舎です。破壊や火災によって何度か立て替えられ、1920年にネオゴシック様式の現在の建物として完成しました。 しかし約700年前は、今とはまったく違う風景だったはずです。というのも、昔のブリュージュは港町であり、街なかまで船で入ってこれていたのです。現在の州庁舎も、ブリュージュ港の物流センターとして1294年に建てられた建物を起源とします。 ...

マルクト広場 Markt

作成日 2014年12月30日. Posted in ブリュージュ

ブリュージュのマルクト広場は、ブリュッセルのグランプラスにもひけをとらない美しさと開放感のある場所です。主な見所を簡単にご紹介しましょう。   一番目立つのは、ブリュージュに近くなると電車の窓からも見える鐘楼 Belfort でしょう。ブリュージュのランドマーク的存在です。 また、ひときわ立派なネオゴシック様式の建物は、破壊や火災によって何度か立て替えられ、1920年に最後の部分が完成したものです。隣にある郵便局も、同じ時期に再建されたものです。 ...

ドゥ・グラスレイ De Graslei

作成日 2014年12月19日. Posted in ゲント

運河の見えるゲント観光地のレストラン。シーフード料理。 Graslei 7, 9000 Gent +32 9 225 51 47 サイト  ...

マックス Max

作成日 2014年12月19日. Posted in ゲント

ワッフルとベルギー料理。マックスは1839年に「ワッフルを発明した男」と言われる。お店は聖ニコラス教会の近くで観光に便利。 Goudenleeuwplein 3, 9000 Gent +32 9 223 97 31  ...

コーレンレイ2 Korenlei Twee

作成日 2014年12月19日. Posted in ゲント

ゲント中心街。運河に臨む観光客に最適なレストラン。 Korenlei 2 9000 Gent +32 9 224 00 73 サイト ビデオクリップ  ...