検索
検索範囲:
合計: 結果が5件見つかりました。

肉屋のギルドハウス(<span class="highlight">楽器博物館</span>) Museum Vleeshuis

作成日 2017年7月03日. Posted in アントワープ

...  小規模な展示。地下のストリートオルガンは必聴 正直なところブリュッセルの楽器博物館に比べると、規模や質の高さでは見劣りする。展示はすべてオランダ語で、入り口でもらえる英語の小冊子も、全体の説明だけ。質問したい場合は係員に英語で訊ねるしかないだろう。オーディオガイドも、ブリュッセルの「楽器の近くに寄ると自然に音楽が再生」という気の利いたシステムはなく、数字を逐一打ち込まなければならない。 ...

プリヴァ=リヴモンの《波》 建築家ポール・サントノワ邸

作成日 2016年9月20日. Posted in 絵画

ブリュッセルで一番の美女といえば、プリヴァ=リヴモンが描きステンドグラスになった《波》という作品に描かれた女性が第一候補だ。ジャポニスムの影響、ポスターで有名なミュシャの影響を受けて、ベルエポックの華やかな時代を今に伝える作品に遺産デーに出会った。 作品があるのは建築家ポール・サントノワ Paul Saintenoy(1861-1952)の邸宅。この建築家は、ブリュッセルの楽器博物館(OLD ...

アンリ・プリヴァ=リヴモン「ベルギーのミュシャ」?

作成日 2016年4月11日. Posted in 絵画

... Bochというベルギーの陶磁器メーカーがタイルに仕立てた絵がついている。頭上にあるので知らずに通り過ぎてしまう。地上階は面影ゼロだが、昔は(その名の通り白い)レースや下着類を売っていたお店である。 それから、普段一般公開していないが、建築家ポール・サントノワ Paul Saintenoy (楽器博物館を設計した人物)の家に、リヴモン原画のステンドグラスが残されている。葛飾北斎を思わせる海の波と、女性の美しい横顔が印象的な作品でアールヌーヴォーの写真集には必ずといっていいほど登場する。 ...

<span class="highlight">楽器博物館</span> Musical Instruments Museum

作成日 2014年9月24日. Posted in ブリュッセル

... de la Cour 64-66) 不思議な形の楽器、美しい装飾、目で見るだけでも十分楽しめますが、どうせなら音を聴いてみたい!と思いませんか? 入口では音声ガイドの貸し出しがあり、楽器の前に立つと、その音がヘッドフォンから流れる仕組みになっています。 毎週水曜日の12時30分から13時20分まで、プチコンサートが開かれます。水曜日に楽器博物館を訪れる方は、ぜひチェックしてみてください。PROGRAMME(仏)(入館料とは別に大人8ユーロ、26歳以下は4ユーロ) ...

遺産DAY。ブリュッセルの歴史遺産に触れる週末。

作成日 2014年9月18日. Posted in イベント

... Bruxelles   #6 Paul Saintenoyの家 Maison de Hongrie - Ancienne Maison personnelle de l'Architecte Paul Staintenoy イタリア・ルネサンスの要素がある建築家Paul Saintenoyの邸宅。ブリュッセルの楽器博物館の設計をした人物。この家は1872年に竣工。中には有名なアール・ヌーヴォーのステンドグラスがある。原画はプリヴァ=リヴモン。ほとんど一般公開されていないので、この機会にぜひこのステンドグラスは見ておきたい。(青い鳥の関連記事リンク ...