検索
検索範囲:
合計: 結果が3件見つかりました。

ベルギーの冬季うつ no.3

作成日 2015年8月28日. Posted in 臨床心理

光療法(luminothèrapie)も代表的な予防・治療法です。自然の太陽光に近い人工の光をあびて体内リズムを整えます。卓上型ランプ(100ユーロ前後から)やサングラスタイプ(200ユーロ前後から)の形で売られていてます。 これらを購入すれば1日決められた時間ランプの光を浴びるだけで、ご家庭で冬季うつ対策ができるわけです。全ての人に効くわけではありませんが、一定の効果は報告されており、特に軽〜中程度の症状に効果が期待できるようです。 ...

ベルギーの冬季うつ no.2

作成日 2015年8月28日. Posted in 臨床心理

冬季うつは、毎年冬になるとうつのような症状が出て春になると消えていきます。疲れやすさ、気分の落ち込み、気力の低下、などに加え、冬季うつに顕著な症状としては過眠、過食(特に炭水化物や甘いもの)が挙げられます。 春になると改善するとはいえ、なるべく嫌な思いはしたくないものです。 ではどうすれば防げるのでしょうか。一般に言われているのは以下のことです。 ・ 朝日を浴びて体内リズムをリセット ...

ベルギーの冬季うつ no.1

作成日 2015年8月28日. Posted in 臨床心理

...  日本でも近年は「冬季うつ」という言葉が一般化してきました。Winter Blueなどとも言われます。 冬季うつは季節性情動障害(Seasonal Affective Disorder=SAD )の一つで、簡単に言うと毎年冬になるとうつっぽい症状が出て春になると消えていく、というものです。 高緯度になるほど多く、日照時間が関係しているのではないかと考えられていますが、まだ全容は明らかにされていません。 ...