検索
検索範囲:
合計: 結果が3件見つかりました。

アンビオリクス カエサルのローマ軍に立ち向かった蛮族の王

作成日 2016年11月09日. Posted in コラム

「ベルギー史上、最初の反逆者」その男の名前はアンビオリクス(Ambiorix)。ライバルは古代ローマ帝国の礎を築いた神君ユリウス・カエサルである。 現在のベルギー東部、リンブルク州およびリエージュ州のあたりに縄張りをもつエブロネス族の王、アンビオリクスはカエサルの書いた『ガリア戦記』の第5、6章に登場する。ガリアでの戦いにおいてローマ軍に最大の打撃を与え、絶えずゲリラ戦をしかけて彼らを苦しめ、ついに捕まることがなく逃げおおせた「蛮族の王」。 ...

リエージュ州で脱線事故発生、運転手含む3人が死亡9人が負傷。

作成日 2016年6月06日. Posted in ベルギー

【脱線事故】ベルギー南部ワロン地方のナミュールとリエージュ間の鉄道で衝突事故が発生。運転手を含む死者3人、負傷者9人の惨事となった。   事故は6月5日(日曜)の23時すぎ、サン=ジョルジュ=シュル=ムーズ Saint-Georges-Sur-Meuse の付近で発生した。石灰を運ぶ貨物車の後ろに、乗客を載せた別の電車が衝突し、合計3車両が脱線した。 原因は捜査中だが、衝突の数時間前に電気設備に落雷があったこと、濃い霧が発生して視界が悪くなっていたことが重なって事故につながったのではないかと憶測されている。もし運転手の信号見落としの場合は、ベルギーの鉄道すべてに設置された安全ブレーキシステムが作動するはずであり、その点も含めて今後の調査が待たれる。 ...

原発ティアンジュ3号機が火災発生で緊急停止

作成日 2014年12月01日. Posted in ベルギー

11月30日(日曜)リエージュ州のティアンジュ Tihange にある原子力発電所3号機の敷地内で火災が発生。原子炉は自動停止して、現在修理が行われている。 今年8月にドール発電所で発生した人為的な事故に引き続き、ベルギーの原子力業界を揺さぶる事故が発生した。ただし、今回は自然に起きたアクシデントで事件性は低そう。 原因は、原発敷地内にある高圧電流のポストから出火したためだが、なぜ出火したかはまだ調査中である。電力会社GDF ...