検索
検索範囲:
合計: 結果が13件見つかりました。

ベルギーのフリッツ

作成日 2017年7月23日. Posted in コラム

...  ユネスコ世界遺産に登録? フリッツをベルギーが世界に誇る「文化遺産」としてユネスコ世界遺産に登録しようという運動がある。 ベルギー全土で5000以上もフリッツ小屋があり、2度揚げして外はカリッと中はフワッと仕上げる料理法など、食文化の遺産であるというのだ。 あまりにも庶民的なものを、ご大層にワールド・ヘリテイジにするという必要性はあまり感じられないが、同じく大衆の消費物であるビールは見事殿堂入りしている。(ベルギービールは、2016年11月30日に文化遺産として登録決定)日本では和食が無形文化遺産に登録され、日本酒も期待が持たれている。 ...

デリリウム・トレメンス Delirium Tremens

作成日 2015年9月08日. Posted in ベルギー・ビール

ピンク象の世界へようこそ! このビールを飲むと、ピンクの象、クロコダイル、ドラゴン、そしてヒッチコック映画に出てくるような鳥の群れに襲われます。 ・・・というのは、まあ宣伝用の冗談として、アルコールは節度をもって飲みましょうね。 デリリウム・トレメンスは、ゲント南東部に位置するメレ Melle という街で醸造されている。 果実とスパイスを感じさせる「さっぱり味」のブロンド・ビールです。後味もドライで舌が乾く印象。 ...

マラー Malheur 12

作成日 2015年8月16日. Posted in ベルギー・ビール

ベルギーには一風変わった名前のビールが多い。「悪魔」「ギロチン」なんて不吉なものもあるが、筆頭格とも言えるのがこのマラー。フランス語で「不幸」を意味する。「何を飲んでいるの?」「不幸を飲んでいるのさ」という会話がカフェで生まれるわけだ。 さて、名前は突拍子もないが、マラー12はなかなかの実力者。World Beer Awards 2014のダーク部門で金賞を受賞。その前は2008年にサンディエゴで開催されたワールドカップで銀メダルを穫っている。 ...

サン・フーヤン St Feuillien

作成日 2015年7月22日. Posted in ベルギー・ビール

トリプル・ビール系では王道とも言える堂々とした味わい。力強いコクに、柑橘系のようなさわやかな香りが心地よい。 7世紀にベルギーに福音を説くためやってきたアイルランドの修道士フーヤンは、655年に森を抜けて行こうとしたところ殺害され頭を切り取られてしまいます。その場所がルー(Roeulx)という土地で、ここに修道士フーヤンの弟子たちが聖堂を建立、1125年にプレモントレ修道院(Abbaye de ...

初陣ビール Uijin Beer

作成日 2015年7月14日. Posted in ベルギー・ビール

...  「初陣」は日本でベルギービールが飲めるカフェを8店舗も展開する菅原亮平(すがわら・りょうへい)さんがレシピを考案し、ベルギー南部ワロン地方にあるジャンデラン醸造所に委託して生産されています。 さわやかな味わいの秘密はその原材料にあります。大麦麦芽と小麦麦芽がブレンドされているため、いわゆる白ビールの要素が加味されているのです。アルコール度数も6%と、日本のビールに比べると少し高いものの、ベルギーのビールの10%近い度数に比べるとかなり抑えめで飲みやすい。「口の中をスッと抜け、軽やかに香る」というイメージと、味わいを消し切ってしまわない絶妙なバランス操作によって、洗練された印象を実現しているようです。 ...

ルプルス Lupulus アルデンヌの狼

作成日 2015年6月17日. Posted in ベルギー・ビール

「オオカミ・ビール」ことルプルス Lupulus はアルデンヌ地方の大自然で作られる爽やかな味わい。 豊かな森林で知られるベルギー南部のアルデンヌ地方は、かつてオオカミたちの生息域でした。ここでビールを作るレ・トワ・フォルケ Les 3 Fourquets 醸造所は、2004年に樽の販売を開始したというから、比較的新しい。2007年からボトル販売開始。近くを清冽な小川が流れ、18世紀の大きな農家を改築した建物を使っているようです。クラシックカーのイベントなども開かれて楽しそう。 ...

ブルフセ・ゾット Brugse Zot Blond

作成日 2015年6月14日. Posted in ベルギー・ビール

思いのほか泡立ちがよくてビックリ。(下の写真は泡立て過ぎの失敗例です)アルコール度数6%と比較的軽い飲み口に、乾いた干し草のようなさっぱりとしたホップの香りが広がります。 ベルギーの北西に位置する中世の歴史都市ブリュージュの誇るビール。Brugseは「ブリュージュの」という形容詞、Zotは「愚か者/道化師」という意味です。(蘭語)ラベルの背景にはブリュージュの街並が見えます。このビールの製造は半月を意味するDe ...

レフ緑 Leffe Royale Cascade IPA

作成日 2015年6月14日. Posted in ベルギー・ビール

勝手にレフ緑(みどり)と呼んでいますが、レフ・ビールの高級版ロワイヤル・シリーズのひとつです。フレッシュなホップの香りにこだわった2015年新作。 レフらしいコクのある旨味、甘みはそのままに、しっかりとしたホップの緑の香りが追加された印象。あくまで全体のバランスを崩さないところに大手の安定感を見ました。 IPAはインディアン・ペール・エール Indian Pale Ale の略。レモンと黄色グレープフルーツのような柑橘類の香りを意識しています。 ...

マンマ・ローマ Mamma Roma

作成日 2014年11月15日. Posted in コラム

...  僕が頼んだのはトリュフ・ポテトとマルゲリータの2種。小さめに切ってもらって、オーブンで温め直してもらい、ベルギービールと一緒にテーブルまで運んでもらった。一連の接客は感じが悪くないし、ストレスのたまる中心街で普通に客として扱ってもらえるありがたみは、パリなんかに比較するとブリュッセルの人間らしさがあっていいと思う。 お兄さんがたはユニフォームであろうバンダナを鉢巻きのように額に巻いて働いている。店の奥から英語が聞こえてきた。店内は明るく、安い木のテーブルと人工的なペンキに塗られた壁が、いかにもファストフードの印象を演出している。日本でいうと、モスバーガーをちょっとチープにした感じだろうか。 ...

セバスティアーン・ダーク St. Sebastiaan Dark

作成日 2014年9月03日. Posted in ベルギー・ビール

セバスティアーン・ダークは、「ダークなアベイ・エールで、舌の上で甘さと苦みが感じられ、モルトのカラメルの甘い香りがある」と醸造所のウェブサイトでは表現されている。実際には、この「いかにも」なボトルと茶色い色からの想像を裏切る「あっさり」テイスト。甘さも控えめで、甘いビールが苦手な私には嬉しい。ホップの爽やかな香りとかすかな酸味も心地よい。 ステルケンス Sterkensは1651年まで遡る歴史がある醸造所。聖セバスティアーン、聖ポール、ホーフストラーテン・ポーテル、ボクレイクス・クルイケンを作っている。メール ...

ブリジッタン  Les Brigittines

作成日 2014年8月22日. Posted in ブリュッセル

ベルギービールを使った料理。 Place de la Chapelle 5, 1000 Bruxelles +32 2 512 68 91 サイト  ...

フルデン・ドラーク Gulden Draak

作成日 2014年8月24日. Posted in ベルギー・ビール

とにかく甘い。この白いボトルを見ると、甘さが脳裏をよぎる。アルコール度数も高い。こげ茶色のビールにすっかり酔いつつ、詳しく調べてみた。 ゲント郊外で作られる。名前はオランダ語で「黄金の龍」の意味。(古風なつづりですが)そして、舌を大きく突き出した独特の意匠はゲントの鐘楼の天辺に飛ぶ龍に由来する。 この龍がどこから来たのかというのが、醸造所のサイトに書かれていて、それによると・・・  ...