検索
検索範囲:
合計: 結果が21件見つかりました。

エグモント伯 Comte d'Egmont

作成日 2018年1月07日. Posted in コラム

...  ドイツの文豪ゲーテ『イタリア紀行』 言わずと知れたドイツを代表する文豪、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749 - 1832)は、各方面への深い教養、政治の世界での活躍、そして『若きウェルテルの悩み』から大作『ファウスト』に至るまでの文学者としての顔を持つ「万能の天才」といえる。 その超エリートであるゲーテも、ヴァイマル公国での政務に疲れたのか、恋愛関係にあったシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人との関係がこじれたのか、突如、かねてから憧れていた南国イタリアに旅立つ。1786年9月、文豪37歳のときだった ...

【チルチルのひとりごと】ベルギーで冬タイヤは義務にあらず

作成日 2017年12月12日. Posted in コラム

...  当然、雪に襲われたベルギーの町は大混乱。 本当の「雪国」から来た人たちは、「ふん、これしきの雪でパニックとは、あわれなものよ・・・」と、優越と軽蔑の眼差しでベルギーを見下します。 この国では、10月になると、雪や凍結した路面でも滑りにくい冬タイヤの着用が許可されます。タイヤに刻まれたグリップの線が深く、これならツルツル滑ったりしにくくなります。 欧州の隣国、例えばドイツやルクセンブルクでは、こうした冬タイヤは「義務」。フランスではアルプスやピレネーのほう限定で「義務」。 ...

ベルギーのユースホステル

作成日 2017年10月18日. Posted in 旅の基本

これを読んでいるのが若い人か、旅先で新しい友達を作るのが大好きな人なら、ベルギーにもユースホステルはないの?と思っているかもしれません。 ありますよ。一泊20〜30ユーロほど。見知らぬ旅人と部屋をシェアするスタイルで、エキサイティングな旅が楽しめます。 こちらのサイトでは、ベルギー全土にあるユースホステルが紹介されています。 http://www.jeugdherbergen.be/en/hostels ...

ベルギーのフリッツ

作成日 2017年7月23日. Posted in コラム

...  洋の東西で対比させるのは難しいが、興味深い。フリッツを日本で言えば、天ぷらというのは大げさか。ストリートフードの部類だと、たこ焼き、たい焼き、おにぎりくらいの地位だろう。「たこ焼きがユネスコ世界遺産になりました!」は、なるほどメデタイが、ユネスコのブランドが卑近になりすぎやしないか。 アクリルアミド ベルギーのフリッツ最大の危機は「2度揚げ厳禁」を強制されそうになった欧州委員会アクリルアミド事件だった。 ...

『フランダースの犬』ネロとパトラッシュ

作成日 2017年7月23日. Posted in アントワープ

...  ただ、ホーボーケンに銅像が建てられた同じ年に、ベルギーの漫画シリーズ『ススカとウィスカ』に、『フランダースの犬』の時代と物語にタイムスリップする話が登場した。これがベルギー人が『フランダースの犬』を認知した時代のピークかもしれない。 ネロとパトラッシュの悲劇 『フランダースの犬』最終回では、奇跡的に扉の開いていた大聖堂で、ルーベンスの『昇架』『降架』の名作を見ることができる。普段は閉まっていて、お金を払わないと見せてもらえないが、そのときだけカーテンが開いていたのだ。 ...

フィッシュ・ア・ゴーゴー Fish a'gogo

作成日 2017年7月21日. Posted in アントワープ

...  このお店はちょっと高級路線だから、美味しいタラを使っていますが、鍋に入れるような味わい深い白身なら、なんでも美味しい。衣とソースの味つけが、店の手腕が問われるところだと思う。 今回は、カラッと揚がった薄い衣に、なかなかのカジュアル・スタイリッシュ度を感じました。これには絶対ビールが合う。オススメを聞いてフランダースの赤タイプで、多少酸味があるものを持ってきてもらう。気の利いた渋いコンビネーション。 ...

MAS博物館 MAS Museum aan de Stroom

作成日 2017年7月04日. Posted in アントワープ

...  展望台(パノラマ) オープン:火曜~日曜 9時30分~深夜24時 ※ドアは23時30分に閉まる 入場無料 アントワープの大聖堂をはじめ、アントワープの全容が見渡せる。天気のいい日や、夕空が美しいタイミングに。                                  ...

アントワープ大聖堂 O. L. Vrouwekathedraal Antwerpen

作成日 2017年6月30日. Posted in アントワープ

...  ルーベンスが母の危篤をきっかけに8年間のイタリア修業を終えてアントワープに帰ってきたのが1609年。この年の7月に、ルーベンスはアルブレヒト大公夫妻の宮廷画家となる。ブリュッセルの宮廷ではなく、アントワープのアトリエで活動することと、他の顧客からも注文を取ってよいという好条件が与えられた。タイミングよく、ネーデルラント諸州が独立を求めて戦っていた八十年戦争(1568-1648)の最中にあって12年間の休戦の最初の年であり、平和を謳歌するアントワープを拠点にルーベンスは結婚、自邸の建築と充実した日々を過ごすことになる。 ...

サミュソーシャル・スキャンダル

作成日 2017年6月08日. Posted in ベルギー

...  ブリュッセル区長というフルタイムの要職にありながら、会議に本当に参加できたのか、ホームレス支援という活動に実際にどれほど貢献できているのか、疑問視する声が野党の議員らだけでなく所属の社会党(PS)からも上がっている。 同様の給与を受け取っていたマイヤー氏の後任代表のパスカル・ペレタ Pascale Peraïta(PS)は、批判の高まりを受けてサミュソーシャルの代表を辞任している。 ブリュッセル議会では、このスキャンダルについて調査委員会が設置される方向性で動いており、マイヤー氏は説明を要求されることになる。 ...

スーパー田川3 デルタ店

作成日 2017年2月20日. Posted in 日本食材店

...    嬉しいのは、野菜などの冷蔵コーナーのところに、本店のシェフが作ったお寿司やお刺身がパックで販売されているところ。持ち帰ってもいいですし、小さなお店ながらイートイン・スペースも完備なので、ランチタイムに来店すれば、その場で寿司ランチも楽しめます。ご近所のベルギー人も書店とはひと味違った「不思議空間」に興味津々。「レモンはないの?」なんて、このお店を自分色に塗り替えようとしている人もいるらしい・・・。 ...

【ミチルのひとりごと】バレンタイン・ワイン

作成日 2017年2月15日. Posted in コラム

バレンタインと言うとチョコレートだが、チョコレートよりは、ワインのほうが好きな彼のために、家の近所にあるワイン専門店に初めて足を踏み入れた。シックで素敵な店構えのお店なのだが、ちょっと見るだけというには気遅れがするため、気になってはいたのだが、これまで入ったことがなかったお店。 自動ドアが開くと、こちらでは珍しく、すぐにボンジュールマダムと、明るい声で迎えられた。少し店内を見て回ったところで、何をお探しでしょうかと、30歳くらいの青年が声をかけてくれる。 ...

お米【ミチルのひとりごと】

作成日 2016年10月25日. Posted in コラム

...  いぶかしがる私に、「これって、お寿司用のお米ですよね?実は、この特別なお米なら、うちにもまだ少しあったということを思い出しまして・・・。すみません、お気持ちだけで有難うございました」 実は、どうやら、彼はタイ米のようなお米を必要としていたらしい。 それにしても、ベルギー人のお隣さんが、お寿司を家でつくって食べていたことにもびっくりだが、お米の種類まで分かるなんて、昔に比べてアジア料理が欧州にとても浸透している気がする。 ...

アントワープ中央駅の光と影

作成日 2016年8月04日. Posted in アントワープ

... de la Censerie)。鉄とガラスで作られた駅舎はクレモン・ファン・ボガート(Clément van Bogaert)だった。高架橋はアントワープで活躍したオランダ生まれのヤン・ファン・アスペーレン(Jan van Asperen)の作品である。 アントワープ駅が作られた時期はアフリカの植民地コンゴの経営がようやく成功し、レオポルド2世に莫大な富が転がり込んできたタイミングである。成功の秘訣は天然ゴムだった。当時、自動車のタイヤを作るためにゴムの需要が急騰していた。原材料のゴムの木が、コンゴの密林のなかに多く自生していたのが幸いした。他の列強各国も熱帯地方にある植民地で大規模なプランテーションを構築しようと動いたが、ゴムの木が成長するまで何年も時間がかかる。その間にレオポルド2世はゴム市場で大もうけができたわけだ。 ...

ピーテル・ブリューゲル《怠け者の天国》

作成日 2016年7月18日. Posted in 絵画

オランダ語のタイトルはLuilekkerland、日本語だと《怠け者の天国》。1567年にブリュッセルで描かれたピーテル・ブリューゲルの作品で、現在はドイツ、ミュンヘンの古典絵画館に所蔵されている。 一見すると地味な色調で、描かれている内容もすぐに伝わってこないが、非常におもしろい絵だ。画家の死の2年ほど前に描かれた。40歳ちょっとで早死にしたブリューゲルにとっては「晩年」の作品。政治と宗教の混迷が深まり、その当時のネーデルラント(今のベルギー北部、オランダ)は明るい時代ではなかった。時代を反映してか、この頃のブリューゲル作品は独特の暗いユーモアをたたえた不思議な雰囲気をまとっている。 ...

ペリ・ダイザ動物園 Pairi Daiza

作成日 2016年6月02日. Posted in キッズお出かけ

ブリュッセルから車で1時間ほど、ワロン地方にある動物園ペリ・ダイザ。 中国から貸与されているジャイアント・パンダ2頭がスターで、2016年6月にハオハオは赤ちゃんパンダを出産しました。現在、赤ちゃんパンダも一般公開されています。3、4年後に中国に返還される予定なので、赤ちゃんパンダを見たい方はお早めにご来園ください。名前はTian Bao(天宝)といいます。 ペリ・ダイザ動物園には、他にもホワイトタイガー、ライオン、チーター、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファロー、キリン、シマウマ、コアラ、カンガルー、バク、フラミンゴ、ハクトウワシ、クジャク、アザラシ、ペンギン、サメ、熱帯魚など、広大な敷地にたくさんの動物を見ることができます。 ...

映画 神様メール Le Tout Nouveau Testament

作成日 2016年5月16日. Posted in 映画&DVD

...  エアは閉じられた神様の家から、洗濯機の中を通って外界に飛び出す。怒り狂った父である神様も娘エアを追って地上に降り立つ・・・。 この映画は、運命の転換期を迎えた人々のドラマをオムニバス形式で表現している。例えば、裕福なマダムを演じるフランスの大物女優カトリーヌ・ドヌーヴが人目を気にせず動物園の大きなゴリラと恋に落ちたり・・・。 レビュー フランス語のオリジナル・タイトルは「現代の最も新しい新約聖書」ということで、「最新の新約聖書」(Le ...

清野 SEINO

作成日 2016年5月05日. Posted in ブリュッセル

...  「だからレストランSEINOでは、基本がフランス料理で、その上に日本の料理法や食材をアクセントに使っている。このスタイルは特に確立されたものでもないし呼び名もない。フュージョンと言われるのもなんだか嫌なんですけど、最終的には、僕が食べて美味しければそれでいいという信念で料理を作っています。パリにもそういうお店があって、まったくジャンルにとらわれないんですけど、美味しいんですよ。フランス料理だ、日本料理だと言っても、昔ほど境目がなくなってますし、料理人はみんな試行錯誤しながら自分の料理を作っているんです」 ...

「Ik Hou Van U」ノールドカープ

作成日 2016年4月22日. Posted in 音楽

... t'aime, tu sais というタイトルで、仏語訳の歌詞も存在する。 僕たちはもう少しですっかり忘れてしまうところだった 夏がどれだけ美しいかを 心配もなく、雨もなく、 ここでも夏がどれだけ美しくなれるのかを 僕たちはまったく忘れてしまうところだった 草原がどれだけ暑くなれるかを 窓を空けて、瞳を開いて 夏がどれだけ美しくなるのか目にしよう そう、貴方が好き 貴方が好き 貴方が好 ...

アンリ・プリヴァ=リヴモン「ベルギーのミュシャ」?

作成日 2016年4月11日. Posted in 絵画

... Bochというベルギーの陶磁器メーカーがタイルに仕立てた絵がついている。頭上にあるので知らずに通り過ぎてしまう。地上階は面影ゼロだが、昔は(その名の通り白い)レースや下着類を売っていたお店である。 それから、普段一般公開していないが、建築家ポール・サントノワ Paul Saintenoy (楽器博物館を設計した人物)の家に、リヴモン原画のステンドグラスが残されている。葛飾北斎を思わせる海の波と、女性の美しい横顔が印象的な作品でアールヌーヴォーの写真集には必ずといっていいほど登場する。 ...

スーパー田川2 ストッケル店

作成日 2016年3月13日. Posted in 日本食材店

...  インテリアを手がけたのは、ブリュッセル在住の建築家2人のチーム。MOOD ARCHITECTUREの三木龍郎さんと、UNIDのセバスチャン・ポシェさん。全体にシンプルで清潔感のある印象。過去の作品例を見れば、繊細なタッチで光と空間を調整した結果生まれた作品と言えます。三木さん(LINK:レストラン清野)ポシェさん(LINK:ポルトガル菓子専門店フォルカド) 今までにないタイプのお店の様子にひかれて、ふらりと入店するお客も多く、また近くの自然食品店のついでに来店する健康食品マニアのお客もいるといいます。ストッケルの住民が「日本食」の魅力に目覚めるときが、遠からずやってきそうです。(取材16.nov.2015 ...