検索
検索範囲:
合計: 結果が6件見つかりました。

ベルギー警察はギリシャで拘束されたアルジェリア人の移送を要請

作成日 2015年1月19日. Posted in ベルギー

1月15日、ヴェルヴィエール Verviers で起こった銃撃戦の背景にはギリシャから行動を操る首謀者がいた可能性がある。 17日にギリシャでテロ容疑者と見られる数人が拘束された。その中の一人であるアルジェリア人(33)が、ヴェルヴィエール事件との関連が疑われており、ベルギー警察は容疑者のベルギーへの移送を要請している。 当初、問題の人物は、モーレンベーク在住のモロッコ系イスラム教徒アブデルハミド・アバーウド ...

ヴェルヴィエールで攻撃準備中のテロリスト二人が射殺される

作成日 2015年1月16日. Posted in ベルギー

ベルギー東部のヴェルヴィエール Vervier で1月15日(木曜)夜にテロ計画をしていたイスラム過激派と警察との間で銃撃戦となり、テロリスト側2人が射殺された。 ヴェルヴィエールのコリーヌ通り Rue de la Colline の一般住居でテロ攻撃の用意をしていた3人のイスラム過激主義者たちのところに、警察の特殊部隊が押し入り、銃撃戦となった。 二人が死亡、一人は怪我を負い拘束された。警察側には負傷者なし。事件現場にはカラシニコフ銃4丁と爆弾を製造する材料、警察の制服などが見つかった。 ...

バート・ド・ウェーヴァーが自身の風刺画(ヒットラー)をリツイート

作成日 2015年1月15日. Posted in ベルギー

バート・ド・ウェーヴァー Bart de Weberは、自身のツイッターでヒットラーに似せて描かれた風刺画をリツイートして「風刺されるのは自由の代価、我々は喜んで払う」とコメントをよせた。 Beledigd worden is de prijs van de vrijheid, en wij betalen die met plezier. pic.twitter.com/E3CNPntRwG ...

シャルリー・エブド事件に対する欧州首脳の反応(ビデオ)

作成日 2015年1月12日. Posted in ヨーロッパ

パリで発生した一連のテロ事件「シャルリー・エブド」について各国首脳の反応をビデオでまとめた。 シャルル・ミシェル首相(ベルギー) フランソワ・オランド大統領(フランス) ニコラ・サルコジ前大統領(フランス) マリーヌ・ル・ペン(フランス国民戦線) 欧州理事会ドナルド・トゥスク議長 欧州議会マルティン・シュルツ議長 デーヴィッド・キャメロン首相(イギリス)、アンゲラ・メルケル首相(ドイツ)、バラク・オバマ大統領(アメリカ) ...

シャルリー・エブド紙のテロ事件は容疑者の射殺で終焉

作成日 2015年1月10日. Posted in ヨーロッパ

1月7日に発生したフランスのシャルリー・エブド紙 Charlie Hebdo の事務所襲撃テロ事件は容疑者の兄弟二人が射殺されることで終焉した。9日に発生したユダヤ系スーパー立てこもり事件も、治安特殊部隊の突入により容疑者が射殺される結果となった。 シャルリー・エブド紙はフランス・パリを拠点にしたリベラル週間紙である。風刺画を多用することで知られ、その対象になるのはイスラム教だけではなく、時の権力者や大企業経営者、カトリックなどキリスト教聖職者も槍玉にあげられる。 ...

シャルリー・エブド紙への武装攻撃についてユンカー委員長が声明

作成日 2015年1月08日. Posted in ヨーロッパ

フランスのリベラル風刺紙シャルリー・エブド紙 Charlie Hebdo 事務所にイスラム教過激派とみられる武装した男2人が侵入し、警官2名を含む12人が死亡した事件について、欧州委員会のジャン=クロード・ユンカー委員長がコメントを発表した。 「私個人の名において、欧州委員会の名において、強く抗議いたします。野蛮な行為により多くの犠牲者を出してしましました。家族には大変な悲劇であると思います。お悔やみを申し上げます。欧州はフランスと共にあります。表現の自由、民主主義、共生のあり方、プレスの自由という価値観への挑戦であります。今晩、我々ヨーロッパの市民は、皆パリジャンであり、フランス人であります」 ...