検索
検索範囲:
合計: 結果が7件見つかりました。

ボルドー2017

作成日 2017年4月19日. Posted in 旅の日記

...  ブリュッセルからボルドーまでは、直行便がある。ザヴェンタムだとブリュッセル航空、シャルルロワだとライアンエアーの格安便が飛んでいる。基本的に行きは荷物なし、帰りはワイン満載、という図式なわけで、手ぶらが安いライアンを選択。リュックひとつに最小限の荷物をまとめた。ミディ駅のオルタ広場のそば(Rue de France)からシャルルロワ空港までシャトルバスが出ている。 https://www.brussels-city-shuttle.com/en#/ ...

マルベーク駅の「オリーブの木」

作成日 2016年8月11日. Posted in コラム

ブリュッセルの地下鉄メトロの各駅には、それぞれ個性的なアートワークが施されて、ともすると画一的な印象になりそうな公共交通機関の環境に彩りを与えている。中心街のブルス(元証券取引所)にはシューレアリスムの巨匠ポール・デルヴォーの描いたトラムの壁画があり、オルタ駅にはアールヌーヴォーの巨匠ヴィクトール・オルタの作品の一部が前庭に設置されている。 2016年3月22日に発生したブリュッセルの空港地下鉄爆破テロで被害に遭ったマルベーク駅は、画家のブノワ・ヴァン・イネス氏の印象的な肖像画が、文字通り「駅の顔」になっていた。シンプルな黒のラインで描かれた男性の顔、女性の顔は、今となっては泣いているようにも見え、つい涙を付け加えたくなる衝動がわきあがる。 ...

ベルギー国内電車・時刻表の見方

作成日 2015年1月02日. Posted in 旅の基本

...  3.車両にはシンプルに1と2と記されています。1等車と2等車の意味です。普通にチケットを買うと2等車ですので、2と書かれた車両に座ります。朝晩のラッシュアワー以外は、普通車両でも十分快適に旅ができます。もちろん、さらに優雅に旅をしたい方は1等車へどうぞ。   【旅の風景】 ブリュッセル中央駅外観 ブリュッセル中央駅構内(この駅のデザインはアールヌーヴォーの巨匠ヴィクトール・オルタ) ...

人類情熱の神殿 Pavillon des Passions humaines

作成日 2014年9月24日. Posted in ブリュッセル

サンカントネール公園の片隅に、ヴィクトール・オルタ Victor Horta 設計の「人類情熱のパビリオン」があります。内部は普段非公開ですが・・・ その壁面にはイタリアのカッラーラ大理石で作られたレリーフ彫刻が! 1986年から98年にかけて製作されたジェフ・ランボー Jef Lambeaux の作品。「人類情熱」を大きなテーマにして、人間の喜びや悲しみ、愛や苦しみなど幅広い感情の起伏をアレゴリーで表現した大作です。2015年からは夏期に週に数日公開される予定です。 ...

ボザール・ブラッスリー Bozar Brasserie

作成日 2014年8月22日. Posted in ブリュッセル

肉が食べたければここ。名店ラ・ぺ La Paix のダビッド・マルタンが手がけるボザールの中にある店。(文・宮崎真紀/ボナペティ) Palais des Beaux-Arts Rue Baron Horta, 3 1000 Bruxelles +32 2 503 00 00 サイト アールヌーヴォー創始者ヴィクトル・オルタは、第一次大戦後、政府の要請に応え都市改革計画に参画。国鉄の中央駅やボザール(芸術館)を建築。ボザールには、美術や音楽関係の専門店とブラッスリーも併設した。画期的な着想は、現代では普通となった、美術館内のブティックやレストランのはしりである。 ...

ラーケン王宮温室2017年特別公開

作成日 2015年4月26日. Posted in イベント

...  当時、ブリュッセルでバラの見習いをしていた若きヴィクトル・オルタも、この温室の設計に携わっており、その後のアールヌーヴォーの誕生に、この時の経験が多いに影響しています。温室が実際に建設されたのは1874年から1876年の間です。 中心にある大きなドームの建物が「冬の庭(Jardin d'Hiver)」です。背の高いヤシの木が何本も立っています。レオポルド2世は、これが完成するとすぐにレセプション会場として使用しました ...

ノクチューン Nocturnes

作成日 2014年9月22日. Posted in イベント

...    *以下すべて9月25日(木曜)17時から22時まで   オートリック邸 Maison Autrique Chaussée de Haecht 266, 1030 Schaerbeek ヴィクトル・オルタの初期の建築です。企画展を実施中で、テーマは「戦争とオモチャ」。戦中のレトロなオモチャが邸宅のあちこちに展示されています。 http://www.autrique.be/intro.midday.html ...