検索
検索範囲:
合計: 結果が9件見つかりました。

マルベーク駅の「オリーブの木」

作成日 2016年8月11日. Posted in コラム

ブリュッセルの地下鉄メトロの各駅には、それぞれ個性的なアートワークが施されて、ともすると画一的な印象になりそうな公共交通機関の環境に彩りを与えている。中心街のブルス(元証券取引所)にはシューレアリスムの巨匠ポール・デルヴォーの描いたトラムの壁画があり、オルタ駅にはアールヌーヴォーの巨匠ヴィクトール・オルタの作品の一部が前庭に設置されている。 2016年3月22日に発生したブリュッセルの空港地下鉄爆破テロで被害に遭ったマルベーク駅は、画家のブノワ・ヴァン・イネス氏の印象的な肖像画が、文字通り「駅の顔」になっていた。シンプルな黒のラインで描かれた男性の顔、女性の顔は、今となっては泣いているようにも見え、つい涙を付け加えたくなる衝動がわきあがる。 ...

アンリ・プリヴァ=リヴモン「ベルギーのミュシャ」?

作成日 2016年4月11日. Posted in 絵画

19世紀末のブリュッセルに「ベルギーのミュシャ」として知られる画家がいる。アンリ・プリヴァ=リヴモン Henri Privat-Livemont。 ミュシャは優美なアールヌーヴォーの女性像で日本でも大人気だが、リヴモンは本国ベルギーでも一般に認知度が高いとは言えない。その理由は「性格が悪かったから」とは、骨董ポスター専門店のマダムの毒舌批評だが、いつも印刷の出来に不満で衝突ばかりしていたらしい。性格円満のミュシャが多作なのに対してリヴモンのポスターの数は少ない。100年前も今も印刷は難しいものだと思わず画家に同情してしまう。 ...

街角フランス語レッスン ラジオ番組プルミエール

作成日 2015年3月03日. Posted in コラム

街を歩いていて、この広告が目に入りました。なんだか面白そう。そもそもフレームがアールヌーヴォー調なのが、ブリュッセルらしくて素敵です。でも、意味が分かりますか? サッカーのゴール裏の観客席に「 STANDARD FRIENDS FOREVER ANDERLECHT 」と大横断幕が掲げられています。ベルギーのサッカーに詳しい方なら、クスっとするところ。その下に、吹き出しでこう書かれています。 ...

ベルギー国内電車・時刻表の見方

作成日 2015年1月02日. Posted in 旅の基本

...  3.車両にはシンプルに1と2と記されています。1等車と2等車の意味です。普通にチケットを買うと2等車ですので、2と書かれた車両に座ります。朝晩のラッシュアワー以外は、普通車両でも十分快適に旅ができます。もちろん、さらに優雅に旅をしたい方は1等車へどうぞ。   【旅の風景】 ブリュッセル中央駅外観 ブリュッセル中央駅構内(この駅のデザインはアールヌーヴォーの巨匠ヴィクトール・オルタ) ...

楽器博物館 Musical Instruments Museum

作成日 2014年9月24日. Posted in ブリュッセル

アールヌーヴォー建築の元・高級百貨店OLD ENGLANDには、古今東西の珍しい楽器が展示されています。屋上にレストランがあり、ブリュッセルの街を見下ろせます。 ブリュッセル王立音楽院が所蔵する歴史的な楽器を紹介することを目的に生まれた楽器コレクションは、世界各国からの寄贈なども加わり19世紀末から数が膨れ上がっていきました。 建築家ポール・サントノワ Paul Saintenoy がデザインしたアールヌーヴォー建築の建物オールド・イングランドにおさまり2000年から開館しています。こちらは元は高級百貨店。商品ディスプレーをする場所だっただけに、楽器の展示にも親和性が高かったようです。ちなみに同じ通りを少し下った場所にある元・薬局の味のある建物もサントノワのデザインです。(Montagne ...

やまと Yamato

作成日 2014年9月02日. Posted in ブリュッセル

1987年創業の老舗ラーメン店。2016年に経営が代わり、現在は麺真グループが昔の味を引き継ぎ開業している。アールヌーヴォーの建物群ひしめく素敵なボニファス地区にある。 Rue Francart 11, 1050 Ixelles +32 2 511 02 00 Facebook 「やまと」はアールヌーヴォー様式の特徴的な外観。木製の窓フレームやドアの絶妙なカーブが古き良き時代からそのまま残されている。中はカウンターとテーブルひとつだけ。多少改修の手が入ってはいるものの、こじんまりとした店内には30年以上の年月が、じんわりと染み込んでいる。 ...

ボザール・ブラッスリー Bozar Brasserie

作成日 2014年8月22日. Posted in ブリュッセル

肉が食べたければここ。名店ラ・ぺ La Paix のダビッド・マルタンが手がけるボザールの中にある店。(文・宮崎真紀/ボナペティ) Palais des Beaux-Arts Rue Baron Horta, 3 1000 Bruxelles +32 2 503 00 00 サイト アールヌーヴォー創始者ヴィクトル・オルタは、第一次大戦後、政府の要請に応え都市改革計画に参画。国鉄の中央駅やボザール(芸術館)を建築。ボザールには、美術や音楽関係の専門店とブラッスリーも併設した。画期的な着想は、現代では普通となった、美術館内のブティックやレストランのはしりである。 ...

ラーケン王宮温室2017年特別公開

作成日 2015年4月26日. Posted in イベント

...  当時、ブリュッセルでバラの見習いをしていた若きヴィクトル・オルタも、この温室の設計に携わっており、その後のアールヌーヴォーの誕生に、この時の経験が多いに影響しています。温室が実際に建設されたのは1874年から1876年の間です。 中心にある大きなドームの建物が「冬の庭(Jardin d'Hiver)」です。背の高いヤシの木が何本も立っています。レオポルド2世は、これが完成するとすぐにレセプション会場として使用しました ...

ノクチューン Nocturnes

作成日 2014年9月22日. Posted in イベント

ブリュッセルの「夜想曲」とは毎年恒例になっている美術館の夜間オープン木曜日です。9月18日からすでに開始されていますが、毎週木曜日の夜は、普段は静かに眠りについている美術館が宵っ張りで頑張ってくれます。しかも入場料も普段よりお得な設定ですよ。 ノクチューンは毎週6つほどの美術館が夜間営業します。9月25日(木曜)に公開されるなかで青い鳥オススメは、レトロな雰囲気を感じられるオートリック邸とコーシー邸。アールヌーヴォー建築の佳作です。 ...